スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晦日
2007年01月31日 (水)
1月、睦月も本日で終わりとのことで、あっという間に今年も12分の1が経過してしまいました。時の過ぎるスピードの速いことといったら、驚くほどであります。

1月は新年会やら剣道をやっているものとしては、稽古始め、そして武道始めと毎日が忙しい中で、1ヶ月が過ぎていきました。

昨日は、私のクリケット仲間でもあり、かわいい学生たちや後輩と一緒に酒を飲めたのは大変うれしく、またこんな機会をつくりたいなあと思いました。

いよいよ来月からは練馬区議会の第1回定例会が始まりますので、少し緊張感が出てきたところであります。

全国的にはニュースでは暖冬で雪が降らないので、スキー場がいまだオープンできないところもあるようです。

今日は、ある商店会のお上さんたちの新年会に顔を出しましたところ、どんどん商店が減ってきてさびしいとおっしゃっていました。

大型スパーの進出でほとんどの生鮮3品を扱う商店が減ってきております。

高齢社会では、ご近所で顔見知りの商店会のお店で買い物ができるほうが良いのではないかと思いますが、いかがなものでしょうか。

スポンサーサイト
もちつき
2007年01月28日 (日)
DC0024.jpg

DC0026.jpg

今日は上石神井地区での餅つきが行なわれました。

朝のうち少し時間があったので、お顔出ししてもみますと、もちをつかせていただきました。

力いっぱいおいしいもちを作るために頑張ってつかせていただきました。もちつきはいいもんですねえ。
星野ジャパン
2007年01月27日 (土)
いよいよ北京オリンピックの野球の監督が星野仙一さんに決まったということで、いい方を監督に起用したと思いました。

星野仙一といえば、明大4年のときにもちろんドラフト1位候補だったのですが、同期の田淵同様ジャイアンツが好きで好きで、ジャイアンツからの指名を待ったわけです。

ところがジャイアンツは高校3年生のピッチャーを獲得し、星野選手は中日ドラゴンズへ入団となりました。

この悔しさが今日の星野仙一さんを作ったように勝手に私は想像しております。

長嶋、王との対戦は大変緊迫した対戦でしたことが子供心に大変印象深く残っております。

この戦いを見て、星野選手を大変好きになりましたし、監督としても闘将として、名監督の名を勝ち取った方だと思います。

今は、押しも押されぬ長嶋さん、王さん、そして星野さんは第三の日本野球界の柱となる方であるかと思います。

戦えるジャパンのチームを作っていただき、是非とも北京オリンピックで金メダルを取ってもらいたいと思います。

思えば、星野選手のおかげで、明治大学にも興味を持ち、名古屋にも興味を持つようになりました。

体に気をつけて星野監督がんばってください。
気合を入れて、己の全力を出し切るように
ぎっくり腰
2007年01月25日 (木)
昨日は、そんな重労働した覚えはないのだけれど、今朝出かけにちょっとした荷物を持ち上げようとしたら、左の腰が痛くて立ち上がれなくなってしまいました。

夜になったら、少し楽になりました。午前中は歩くときに腰を曲げてでないと、痛くて歩きにくかったのですが、だいぶ回復してまいりました。

明日は、少し時間をとって、よく見ていただく先生のところにでも行って、左の腰を早く直してきます。

夜は、私の事務所のある武蔵関商栄会の新年会がありましたので、参加してまいりました。とても和気藹々と楽しい雰囲気の中で新年会ができましたこと大変よかったと思います。

商店会の活性化は練馬区としても更に、充実させていかなくてはならないなあと思いました。

もちろん、ここの商店のご努力も必要なわけでありまして、活気のある商店会を地元に一つでも多く残していきたいと、思いました。
誕生日
2007年01月24日 (水)
本日は、また私の51回目の誕生日がやってきました。

年をとるのはそろそろいいかなあと思うのですが、両親にいただいた健康な体にはこの誕生日が来ると、あらためて感謝するわけであります。

今日も特にお祝いをしていただくというよりは、新年会の会場で、私が誕生日を迎えましたというと、皆さんが大きな拍手を送ってくれるので、これが唯一の誕生祝いですね。

私の生まれた昭和31年というと、どこの過程にもテレビがあるわけでもなく、今や大変なことになりましたが、風でも引かない限り食べられなかった不二家のケーキなど今思うと大変懐かしく思います。

昨年映画で見た「3丁目の夕日」がまさにあのころの時代背景の映画でした。

あの時代は、子供たちもみんなで協力し、親が働いている子供がいれば、親が仕事から帰ってくるまで一緒に遊んでいたりしたものでした。

町中みんなで、子育てをしていたようなもので、子供たちの面倒を隣近所で見ていたのでした。また、困ったことがあればすぐに助けに来るような体制がとられていたようでした。

近所のことはみな良く知っていたし、お互い挨拶はきちっとし、それぞれの家族の話や家のことなの情報をしっかり交換していたのでした。

ですから、今のように行政が行なうのではなく、すべてご近所同士、あるいは町内会で解決していたものでした。

こうした社会であれば、税金を使って子育て支援を行なったり、治安対策を取り組んだりという必要はなかったわけであります。

つまり、小さな行政・スリムな行政を今掲げて改革を進めようとしておりますが、昔の時代に戻していけば、行政改革ももっと簡単にできることになります。

そういえば、私の同年代は、野球で言えば江川卓投手や掛布選手です。
また、歌手では郷ひろみやサザンオールスターズのボーカル、そして強い横綱千代の富士となかなかそれぞれの道で活躍されている方が多数おります。

同期が活躍されるととても励みになりますし、自分自身にも可能性を更に追求しようとがんばれるわけです。

先輩の言葉を借りて、「気合を入れて、己の全力を出し切るように」というところで、今後の私の取り組みに対する大きな考え方とさせていただきます。
自主トレ
2007年01月23日 (火)
私は小さいころから、野球といえば三番サード長島というように野球が大好きで、巨人の大ファンでした

なんと言われても、ジャイアンツそして長嶋茂雄が打ったか、それとも打てなかったかが話題となるわけであります。

毎日、立教大学のグラウンドを使って、野球をやって、終わってからは近くの銭湯で、背番号でジャイアンツの選手を当てるゲームをしたりすると、必ず勝つには私でした。

背番号で選手を当てるということは、今でも私は覚えているので、みなびっくりしているようです。

こうした選手の名前は、ベーゴマやめんこに必ず書いてありましたが、こうした遊びも今では行なわれていないようですね。

ともかく、長嶋茂雄が、がんばったので、今日の巨人軍があるのだと思うし、これからも伝統あるジャイアンツがもっと生え抜きの選手を育てて、明るいチームをつくっていただきたいと思います。

そのための自主トレが今行なわれておりますが、是非この自主トレを行ないながら来期のからだ作り体力づくりに励んでいただきたいと思います。

なお、私どもも今が自主トレのような時期で、4月になるとそれぞれの地域で大変な戦いが繰り広げられると思いますが、何卒ご理解のほどお願い致します。

ティーボールとクリケット
2007年01月22日 (月)
DC0022.jpg

DC0023.jpg

昨日はとても寒い日で、ティーボールをやっても暖かくならなかったですね.

毎月一度、日曜日や祭日を利用して、武蔵関駅北口にある東京女子学院の酒井理事長さんのご好意で、校庭を開放いただき、朝の8時からティーボールを試合形式の中で行なっております。

ひとつのボールをみんなで追いかけることが、大変すばらしいと思いますし、だれもが親しめるスポーツとしてお勧めです。

また、9時45分ころからは、慶大や早大の学生さんが指導してくれるのですが、イギリスの伝統スポーツクリケットを行なっております。

最初われわれも、このクリケットそのものをぜんぜん理解しておりませんでした。

野球の原型であるこのクリケットは、やればやるほど奥の深いスポーツであると同時に、子供たちとやっているとだんだん夢中になっていきます。

先日、このクリケットの練馬支部を立ち上げたところですが、私がその支部長にとご推薦いただいたので、お引き受けしました。

引き受けた以上は、クリケットをこの練馬区で広めてまいりたいと思いますし、オーストラリアも大変盛んな國なので、練馬区と友好都市イプスウィッチともクリケットを通じて更に友好が深まればと思います。

子供たちも日増しに上手になっていくのがよく分かりますし、何より子供たちが実に楽しそうにこのクリケットに取り組んでいるので、その姿を見るだけでもわれわれまでもが楽しくなります。

もちろん、子供だけではなくて、大人の皆さんも大いに参加していただき、汗を流して、和気藹々とスポーツに取り組むことは大変すばらしいことと思います。

なお、2月、3月の予定は次のとおりです。

2月12日(月) 午前8時から

3月21日(水) 午前8時から

場所はいずれも東京女子学院の校庭です。皆さんのお越しをお待ちしております。では、一緒にプレイしましょう。
幼稚園のお母さん方と
2007年01月18日 (木)
昨日は、幼稚園にお子様が通われているお母様方とお会いする機会がありました。

とても率直なご意見なり、ご提言をお伝えいただきとても有意義な会に参加できたことを感謝申し上げます。

でも本当に、幼稚園にしても役員をされている皆さんは、仕事についていないから、狙われやすいし、また、やさしく引き受けてしまう方ばかりのようでした。

これから考えていかなくてはいけないことは、本当の子育て支援を実施していかない限り、保護者会もPTAも地域活動する保護者の方がどんどん減少してしまうような気がいたします。

したがって、行政の果たす役割もこれから大きく変わろうとしている情勢の中で、地域活動してくれる保護者をしっかり支援していく体制を作っていかないとなんら、地域の活性化にもつながっていかないような気がしております。

幼稚園のお子さんをもつ親にしても保護者会に出る時は、自分の子供をどこかに預けなくてはいけないわけで、そこまではだれも面倒を見ていただけないわけです。

そんなお話を昨日お聞き致しましたので、是非ともわれわれ練馬区の議会として、しっかりと支えていきたいと思いました。
銀座
2007年01月17日 (水)
今日は、大学の同窓会がBRBで行なわれるので、久しぶりに丸の内線の銀座の駅に降りて会場へと進みました。

かれこれ30年近くたってしまいますが、私は大学を卒業すると、すぐに、現在の東京海上日動火災に就職したのでした。

私は旧日動火災のほうに11年間会社勤務をしておりましたので、銀座といえども安い居酒屋さん、昼の定食のうまい店とさまざまな思い出が脳裏をかすめていきました。

当時本社は数寄屋橋のソニービルの隣のビルであり、営業の本部は東銀座駅で降りて昭和通沿いにあったのでした。

平日の午後8時前に銀座の駅を降りて新年会会場に向うところの人の流れや地下構内は昔とそんなに変わっていないような気がしました。

ちょうどこの時間に帰れるときは早いほうで、本社勤務の時は、0時を回ることもしばしばで、今の体力を作ったのはこの会社に勤めていたがためにできたのだと思いました。

やっぱり11年務めただけあって、この銀座は懐かしく是非とも昔の同僚や先輩方とのみに来てみたいと思いました。

しかも昔行った安い居酒屋を探して、同銀座僚や先輩を誘って歩いてみたくなりました。

銀座は、はいいもんだなあ。

自転車で
2007年01月16日 (火)
今日はお天気もよく、比較的暖かだったので、自転車で区役所に行くことにいたしました。

私の後援会の若手グループと昼食を一緒にとる約束をしておりましたので、4名で昼食をとってから、出かけることにいたしました。

それに、自動車を使っていけば、もちろん大気を汚すことになるだろうし、昨年環境都市宣言をした練馬区ですから、自転車を大いに使って環境問題に取り組んでいきたいと考えております。

私は6年間沖縄に住んでいたことがあります。今まさに基地の問題とかいろいろ言ってますが、基地は一番の就職先となっております。こうした報道を是非マスコミは扱ってもらいたいと思います。

ちょっと話が離れてしまいましたが、私は、海が大好きでしかも沖縄の海は最高だと思います。

日本のすばらしい海を、環境をしっかり末代まで残していきたいと思っております。

是非この環境の問題は地域を挙げて、区民全体で取り組まなければならない問題だと思います。

とにかく、チャンスがあれば、練馬区中を自転車で回っていきたいと思いますので、是非お会いしましたらお声かけをお願い致します。
大相撲
2007年01月15日 (月)
本日は、昨日の剣道に引き続き、日本古来の格技であります大相撲についてお話致します。

私が小さいころは、ご承知のとおり巨人・大鵬・玉子焼きという合言葉があったんです。

それだけ野球も一生懸命見ましたが、私は幼稚園のときに将来はお相撲さんになって、みんなを投げ飛ばして見せる。と思ったものでした。

ところがどうですか、今日九日目に勝ち越したのは朝青瀧ただ一人で、早くも20回目の優勝が見えてきたみたいですね。

どう考えても、相撲が外国人のお相撲さんだけが活躍するのではなく、日本人の大関以下のお相撲さんにもがんばっていただき、もっと緊張感のある本場所になってほしいと思いました。

もっと日本人のお相撲さんにががんばっていただき、観客動員ももっと多くなるように期待するものであります。

何はともあれ、数日前には最後の三番は全員外国人だったそうです。

日本の若きホープとなりうるお相撲さんも出てきたようでありますので、私もしっかり応援させていただきますので、是非がんばってください。

今年は、日本のお相撲さんが活躍され、興味のある番数が増えることを心からお祈り申し上げます。
武道始め
2007年01月14日 (日)
DC0020.jpg

DC0021.jpg


今日は、恒例の平成19年練馬警察署の武道始めが盛大に開催されました。

開会式は午後2時から始まり、警察署の中田署長さんからご挨拶があり、検挙率も高まってきたとのご報告を頂戴し、警察に対する信頼と安心感があらためて高まりました。

また、督励官からは中田署長さんが警察の防災管理システムを構築された方だとのご説明を受け、あらためて署長の功績に敬意を表したいと思いました。

武道始めといえば、やはり剣道・柔道の対戦試合が多くの参列された皆様の楽しみにしているところだと思います。

今年もわれわれは練馬区議会と練馬区役所の5人を選抜して合同チームを組んで、警察署の方5名と剣道の団体戦親善試合を行ないました。

団体戦は、先鋒・次鋒・中堅・副将・大将が3本勝負で戦い、5名のうち3名が勝てば団体戦の勝利となります。

この練馬警察の剣道の親善試合は平成8年からスタートしその始めた年から私も参加しているので、今年で12回目となる大会であります。

以前は、われわれ練馬区議会・職員チームは警察チームに勝てた時もありましたけれど、最近3年間は圧倒的に警察チームが勝っております。

今年は何とかと思いましたが、警察チームの先鋒は21歳と極めて若い方が出てきたなと思っておりました。私は今回は、副将で出場したのですが、相手は27歳の5段の選手でした。

試合開始前の私は、学生時代に先輩からよく言われた言葉を反復して、自ら落ち着こうとしていました。その言葉は「気合を入れて、己の全力を出し切るように」というとても気持ちが落ち着き、気合が入るものです。

おかげさまで、精神状態は良好で相手に対応致しましたが、大変動きの早い選手で、私とすれば何とかその動きについていき、すきを何とか見つけ出してと懸命に考えておりました。

そして小手と面を中心に狙っていきました。

残念ながら、3分間の試合時間のうちに勝負が決することができませんでしたので、われわれ副将の勝負は引き分けとなりました

結果的には、3敗2分けという戦績で、今年も圧倒的に警察チームに負けてしまいました。1年後に向けて選挙が終わったら、稽古に励もうかと強く思いました。

こうして、治安対策は警察も区議会も一致して何とか取り組みを強化しながら安全なまちづくりを目指しているわけで、同じスポーツを通じて試合を行なうことは、大変すばらしいことだと思います。

これからも、練馬警察の武道始めには親善試合を継続していきたいと、つくづく思ったものでした。


憧れのお菓子
2007年01月13日 (土)
私が子供のころはなんと言ってもケーキやバナナ風邪を引いたり病気をしないと食べられなかったものでした。

特に好きだったのが不二家のイチゴのショートケーキでした。

このケーキを食べるためには風邪を引くか親戚の家に行くときのお土産に持っていくということだけでした。

なんとしても食べたかった私は風邪を引いてみたり、しながらも外から野球の誘いの合図があるとすっ飛んでいってしまって、仮病がばれてかなりきつく叱られたこともありました。

しかし、あの時代の憧れの不二家が今、消費期限切れの牛乳を使ったことから、大変な事態になってしまっているわけです。

食べたくてうそまでついたあのお菓子のメーカーがこれからどうなっていくのかしっかりと見ていきたいと思います。

何とかがんばってもらいたいけど、もしかしたら、大変なことになってしまうのかも。

もう一度、子供のころに帰って、あこがれのショートケーキを食べてみたくなりました。

真の子育て支援は
2007年01月11日 (木)
今日は、とあるところで子育て中のお母さん方とお話をする機会がありましたので、そのときの内容を皆様方にお伝えいたします。

AさんとBさんの二名の子育て中のお母さんとある場所でご一緒したので、早速今の少子化問題をどのように解決していくかが大問題だと私から切り出しました。

すると、まずAさんから切り出してきました。つまり、練馬区では子育て支援というとすぐに保育園の拡充だとか童クラブを小学校内に作るだとか、目に見える施設をつくることを重点においてますね。といわれました。

しかも、こうした施設は共稼ぎ夫婦またはお母さんが働いている世帯が対象で、専業主婦に対しての子育て支援策は、ほとんど手付かずの状態ではないでしょうか。といわれました。

私も当然こうした保育園や学童クラブの充実など働くお母さんの応援は必要であると思いますが、以前から申し上げているのは、業主婦に対する子育て支援策が、きわめて不足しているということは、言い続けてきました。

私が以前提唱していたのは、子育てで大切なのは3歳まではしっかりと抱いてあげる。こうした親の愛情をこどもに注ぐことが大切だと聞いておりました。

したがってこうした専業主婦に対する何らかの支援が重要だと考えたのでした。

今日は、AさんもBさんも言ったことは大変重要なことで今後練馬区として、しっかり考える必要があると思いました。

つまり、小学校のPTA活動にしても幼稚園のPTAの会にしても役員としてがんばっているのは、いつも専業主婦であるとのことです。

働いているお母さん方はこうした学校や幼稚園または地域活動はほとんどしていないのが、常ではないですか。

それなのにどうして働いているお母さんに対する支援は手厚く、こうした地域活動に汗を流している専業主婦に対してはほとんど支援がないではないかとのことでした。

とても説得力があり、今後わたしも是非研究してまいりたいと思い、今回このブログに乗せてみました。

真の子育て支援をしていかないと、本当に必要なお母様方がそして次代を担うその子供たちが皆、この練馬区から去ってしまっては大きな人材の損失になってしまいます。

今後、真の子育て支援についてさまざまな場面で皆様と話し合いながら、少子化へ歯止めをかけていかなければと思いました。


成人式
2007年01月09日 (火)
20070109024449.jpg

本日、つい寝てしまいましたので、日にちが改まってしまいこのブログをつくっているのは夜中の2時を回りました。ですから、昨日のということになります豊島園で行なわれた成人式のことをお伝えいたします。

練馬区において約6900名の新成人となられた方おめでとうございます。

新成人の方の代表二名の方から「二十歳のメッセージ」がありましたが、男性と女性のお二人とも大変立派な話しをしてくれました。

責任ある行動、あるいは自ら解決する自覚と二十歳になったことへの自覚とともにここまでこれたことを親や友達に感謝するなど、大変聞いていた私は感激しました。

しかしながら、こういうすばらしい発言があった成人式を最初の段階でこの式典を台無しにしたことは、参加した新成人の皆さんにお詫びしなければなりません。

それは、午後1時から豊島園のプールの更衣室が特設会場で、式典が行なわれましたが、式典に国歌斉唱があるということで、共産党と生活ネットの都議会議員・区議会議員は国歌斉唱が終わるまで壇上に上がらず、終わってから壇上に上がってきました。

こういう方々は、参加しなくてもいいのではないかと思ったほどです。

なんかおかしくないですか。日本人であるからには国歌を皆で歌い、式典の時には国旗に敬意を表するのが当たり前ですよね。

こんな姿を新成人の皆さんにお見せしたこと自体大変恥ずかしいことだと思いました。

いずれにせよ、日本国民として誇りを持って生きたいところですよね。

だから、昨年の教育基本法の改正が必要になってきたわけですね。

このことにたまたま、午前中成人式が始まる前に豊島園の映画館で、「硫黄島からの手紙」という映画を見ました。

大変すばらしい席が開いていて、とても心地よく、落ち着いた気持ちになりながら、二時間を越える映画でしたけれども時間のたつのをすっかり忘れてしまいました。

渡辺謙扮する栗林中将はじめ、西中佐の伊原剛志や二宮和也など大変すばらしい演技には私も魅了されました。

誰しもが戦争はしたくないということが、ありありと描かれておりましたし、同時に日本国民である以上祖国をしっかり守るという強い意思を皆が持って行動していたわけであります。

こうした先輩方のとった行動のおかげで今日ある平和で経済大国となった日本があるわけです。

私は感謝の気持ちでこの映画を見ていましたし、ハンカチをたまたま忘れてしまったことに悔いながら、こぼれる涙を手でふいていました。

この映画と先ほどの成人式の壇上事件は、せっかく作り上げた日本のよき伝統を壊そうとしていることに対して、本当にがっかりしました。

思想信条が違うにせよ、子供たちやまして新しく大人の仲間入りした新成人の皆さんに見せる姿ではないと痛感しました。

これからも、われわれ日本人として次代を担う子供たちに、伝統ある日本のすばらしさをいろいろな場面で伝えて生きたいと思います。







鏡開き
2007年01月07日 (日)
本来の鏡開きは1月11日ですが、今日七草の日に関立野剣心会の剣道の稽古始めが行なわれ、子供たちに稽古終了後、子どもたちや先生方と一緒にお母さん方が作ってくれたお雑煮を食べるということで、鏡開きということにしているようです。

今日の関立野剣心会の子供たちの参加人数が30名を越すなど、きわめて活気のある稽古で正直私はたった一時間であったにもかかわらず、足がふらつくようでした。

ここの道場は、女の子も多いし、なんといっても子供たちが元気があることはとても活気ある良い稽古に繋がっているような気がしました。

こどもたちが大きな声を出して、挨拶をしているところも感心しました。きっと指導者の先生方が、がんばっているのだろうと思いました。

 さて、今日から地域のあちこちで、新年会が開催されていたので、顔を出してみましたが、景気の話や今後の税金の話などやはり、生活に直接関係のある話が多かったようでした。

来週から本格的に事務所も稼動していきますので、事務所の事務局員にはこれからも、お世話になりますので、ここのブログをお借りして、何かと切に切にお願い申し上げる次第です。
稽古始め
2007年01月06日 (土)
20070106220452.jpg

あっという間に、今年も6日小寒を迎えることになりました。

今日は、いつもお世話になっている関北剣児会の稽古始めですので、早速出かけて、子供たちと稽古いたしました。あいにくの雨で、こどもたちの人数が少なかったのはすこし残念でした。

寒い中で大きな声を出して稽古していると、気持ちもさわやかになり、そのうち体もぽかぽか暖まってきます。

こどもたちが、もっと元気に大きな声を出してくれたらいいのになあと思いますが、なぜかほとんどの子供たちは自分たちの声をまだまだ出し切っていないようです。

とにかく今年1年、子供たちが元気いっぱいに稽古には必ず参加してくるように願うばかりです。

最近こどもたちの挨拶が大きな声で言えるようになってきたのは、大きな進歩だと思います。

私自身も14日に練馬警察の武道始めで剣道の親善試合に出るので、少し体を動かすようにしておきます。

賀詞交換会
2007年01月05日 (金)
20070105225531.jpg

昨日はさまざま考えることがあって、寝不足の一日となりましたが、わが会派もスタートの日ですので、今日は遅れないように電車で控え室へと向いました。

また、今日1月5日は市場では初荷が行われるという、年の初めの仕事始めとなる大切な日であります。

今年は市場も活気あるようで、少しは景気の回復がわれわれ地元にまで少しづつではありますが、表れてきているようです。

こうした中で、毎年豊島園で行なわれている練馬区恒例の賀詞交換会が1000名を超える参加者の中で、盛大に開催されました。

この賀詞交換会というのは、いわゆる練馬区が主催で、もちろん練馬区議会も共催しておりますが、練馬区の新年会のことです。

したがって、区内の各団体が17の出張所単位にテーブルを囲んで、大勢のかたが集まって、懇親を深めながら新年の挨拶をするのです。

この式典に国歌斉唱を平成17年から式次第に取り入れたのですが、そのために出席されない会派が6会派のうち、3会派もあること自体われわれは信じられない気持ちでいっぱいです。

われわれは、日本人として、こうした練馬区の公式行事の式次第に国歌斉唱を行うことは至極当然のことと思いますので、欠席も考えられないし、歌わない方も信じられません。

あまりこのことに触れると、不愉快になりますのでこのくらいにしておきます。

今日は区長さんも来年度の抱負を含め、すばらしいスピーチをされていましたし、盛り上がった賀詞交換会になったようで、参加者はみな満足されていたのではないでしょうか。

今年一年を更にすばらしい年にしたいものですね。それでは。
仕事始め
2007年01月04日 (木)
早いもので、もう1月4日です。

つまり、仕事始めということですが、今日はご近所の挨拶に回ってきたところです。

明日は正午から練馬区の賀詞交換会がありますし、一日出ずっぱりになりそうです。

いよいよ、平成19年も本格的に動き出すわけですが、1月6日までJ-COMで毎日11時から、15時から、20時からの3回議長さんはじめわれわれ各会派の幹事長から新年のご挨拶をさせていただいております。

お時間のある方は、是非J-COMをご覧になってください。

ところで、ある知り合いの方数人から、「各会派ごとの挨拶として話す時間は同じようだけど、会派の人数って違うんでしょう。それは不公平じゃないの。人数に比例した時間配分のほうがいいのじゃないの。」なんて言われました。

見ている人は見ているなあと感心しました。

これからは、真の公平さを追求していかないと、区民も納得してくれませんね。肝に銘じてこれからの議会にのぞんでいきます。

今日もあっという間に一日が終わりましたが、朝からとても充実した一日を送ることができました。これからも、区民の皆様の声をしっかり大切にしていきたいと、あらためて感じた日でした。
箱根駅伝
2007年01月03日 (水)
DC0005.jpg

正月のもっとも楽しみなテレビ番組の一つは「箱根駅伝」ですねえ。

今年の駅伝は混戦模様だとのことですが、昨日の往路では最終5区の今井

君の活躍で往路優勝は順天堂とのことのようでした。昨日は見られなか

ったので、今日の復路はじっくり時間をとってみることにしました。

今年はたすきを繋げなかった学校が一校出てしまいました。

今年は9区の中継所でたすきが渡らない場面が出てしまいました。

たすきを渡せなかった選手は申し訳ないということでしょげ返っており

ましたが、こちら見ている側もかわいそうで、胸が痛くなる思いでし

た。

特にこの箱根駅伝は、いつもドラマがあるようで、今年もいくつかのド

ラマがありました。

全員で一本のたすきを繋ぐところにドラマが生まれるものだろうし、見

ているわれわれに感動を与えてくれるのでしょう。

明日からは仕事始めですが、亥年でもあるので、少し攻撃的な仕事を

今年はさせてもらおうかと思います。

懇親会
2007年01月01日 (月)
新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

元旦は氏神様である天祖若宮神社へ行き、合わせて氷川神社も参拝させ

ていただきました。今年は若い人がたくさん来ていたようで、地元の神

社もかなり多くの人で賑わっていました。

午後からは、恒例の錦にある実家へ行きまして、おじいちゃん・おばあ

ちゃん妹夫婦とも一緒に会食をいたしました。

甥っ子や姪っ子がとても大きくなっているので、びっくりしました。

こうして家族全員と出会うと、年が改まったなあとつくづく感じるとき

でもありますし、また新たな気持ちになれるものです。

とてもリラックスした気分で家に帰りました。


<div id="footBlock"><span id="ad1"><script type="text/javascript">var j = 9;</script><script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://admin.blog.fc2.com/i/image/janre.js"></script></span><noscript><p>FC2Ad</p></noscript> Powered by . / Template by <a href="http://omoshirodouga.blog54.fc2.com/">YouTubeおもしろ動画集!! </a></div>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Copyright (C) 2006 しばざき幹男 All Rights Reserved.